EN

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS NIJI BRIDGEはSDGsの実現に向けた取り組みです。

DATA

メンタルヘルス(心の健康)は、身体の健康とあわせて人々の日常生活に大きな影響を与えます。大阪市で行われた無作為抽出調査によると、メンタルヘルスの状態を測定する尺度のK6がもっとも高い区分である13-24点(深刻な心理的苦痛を感じている可能性)の割合がシスジェンダー・異性愛者は6.9%なのに対し、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアルは16.1%、トランスジェンダーは18.8%でした。LGBTのメンタルヘルスはLGBTでない人よりも悪い傾向が見られます。

メンタルヘルス(心の健康)は、身体の健康とあわせて人々の日常生活に大きな影響を与えます。大阪市で行われた無作為抽出調査によると、メンタルヘルスの状態を測定する尺度のK6がもっとも高い区分である13-24点(深刻な心理的苦痛を感じている可能性)の割合がシスジェンダー・異性愛者は6.9%なのに対し、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアルは16.1%、トランスジェンダーは18.8%でした。LGBTのメンタルヘルスはLGBTでない人よりも悪い傾向が見られます。
参照:http://www.ipss.go.jp/projects/j/SOGI/%EF%BC%8A20200111%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%82%A4%E5%8C%BB%E7%99%82%E7%A6%8F%E7%A5%89%E6%95%99%E8%82%B2%E3%83%91%E3%83%8D%E3%83%AB.pdf
http://www.ipss.go.jp/projects/j/SOGI/index.asp

集計日
2019年
回答者数
4,285(分析に使用した回答はそれぞれ3,630、3,569)
出典
大阪市民の働き方と暮らしの多様性と共生にかんするアンケート
MORE
一覧をみる

関連データ

  • 地方自治体のパートナーシップ制度登録件数

    ※導入済み自治体数と人口カバー率は、2022年10月11日より開始の自治体を含む

     

    ※人口カバー率は「R2国勢調査 都道府県・市区町村別主要統計表」で計算
    ※各自治体の登録数は、下記の【集計用Excelデータ】をご参照ください

     

    【集計用Excelデータ】20220930_data.xlsx(2022年11月8日修正)

     

    【インフォグラフィックPDFデータ】20220930_infographic_ND(2022年11月8日修正)

     

    集計日
    2022.10.11
    MORE
  • 2017年6月より開始した全国パートナーシップ制度登録件数調査は今年で6年目を迎えました。パートナーシップ制度を導入する自治体は急速に増えており、2022年7月には224自治体が導入し、2022年6月末時点の登録件数は3,168組になりました。

    集計日
    2022.7.1
    データ元
    渋谷区・虹色ダイバーシティ全国パートナーシップ共同調査
    MORE
  • 性的指向に関する世界地図
    性的指向に関する世界地図2022

    このデータは、ILGA World の報告書 State-sponsored Homophobiaを参照して、認定NPO法人虹色ダイバーシティが日本語訳し、2022年7月までの婚姻の状況をアップデートしたものになります。引用される場合は、引用元を明記してください。

    MORE
一覧をみる

メルマガ登録

LGBTに関する最新情報をお届け