EN

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS NIJI BRIDGEはSDGsの実現に向けた取り組みです。

DATA

日本のLGBT人口は約3%〜8%(大阪市での調査)
日本のLGBT人口は約3%〜8%(大阪市での調査)

大阪市で行われた無作為抽出調査によると、大阪市民の0.7%がレズビアン・ゲイ、1.4%がバイセクシュアル、0.8%がアセクシュアル(無性愛者)、0.7%がトランスジェンダー、重複を取り除いた計3.3%がLGBTAと推定されています。「決めたくない・決めていない」を足すと8.2%になりますが、別の試験的調査では、「決めたくない・決めていない」選択者の22%〜54%は異性愛者である可能性が指摘されています。現在、日本全国でLGBTの割合を調べた学術的に信頼性のあるデータはまだ存在しません。広告代理店による8%等の割合は、ウェブ会社の登録モニタを対象とした調査による数値である点に留意する必要があります。

参照:http://osaka-chosa.jp/sogi.html
http://www.ipss.go.jp/projects/j/SOGI/index.asp
http://www.ipss.go.jp/projects/j/SOGI/20200701_Report_on_Undecided.pdf

集計日
2019年
回答者数
4,285
出 典
大阪市民の働き方と暮らしの多様性と共生にかんするアンケート
MORE
一覧をみる

関連データ

  • 差別的言動と勤続意欲
    差別的言動と勤続意欲

    多くの企業において、労働者の離職にともなう経済的損失が大きいことはよく知られています。LGBTに関する職場環境アンケート2014によると、LGBTに関する差別的言動の多い職場に勤めている人はそうでない人に比べて、ここで働き続けたいという勤続意欲が低いという結果でした。図表は多変量解析と呼ばれ、年齢や雇用形態、収入や労働時間、やりがいや職場の人間関係など、勤続意欲に影響すると考えられる他の要因を考慮に入れてもなお、この傾向が見られることを示しています。差別的言動がLGBTの意欲に負の影響があることが分かります。

    集計日
    2014年
    回答者数
    1,815人
    MORE
  • トランスジェンダー の経済的困難
    トランスジェンダー の経済的困難

    性的指向と収入の関連性を探る研究に比べて、シスジェンダーとそれ以外の収入を統計的に比較する研究はまだまだ少ないです。アメリカで行われた結果を一般化できる無作為抽出調査によると、アメリカにおけるシスジェンダーの10.4%が年収150万円以下なのに対し、トランスジェンダーの16.1%が年収150万円以下です。また、オランダの政府統計を利用した性別移行の研究によると、トランス女性は性別移行に伴い賃金が減る一方でトランス男性にはそのような賃金の減少はみられないことがわかっています(女性ペナルティは7%、性別移行ペナルティは10%)。

    集計日
    2014年(BRFSS)、2003年〜2012年(オランダ政府統計)
    回答者数
    154,062人(BRFSS)、2006年〜2012年の間に行政上の性別の移行を行ったトランス女性324人、トランス男性155人、これら計479人以外の15歳〜65歳の全オランダ居住者から1%の標本を抽出した90,012人(オランダ政府統計)
    データ元
    Behavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)、オランダ政府統計に登録されている行政データを統合(オランダ政府統計)
    MORE
  • LGBTの自殺・うつによる社会的損失は 1,988〜5,521億円
    LGBTの自殺・うつによる社会的損失は 1,988〜5,521億円

    本来、LGBTの自殺・うつによる社会的損失は金銭に還元できるものではありません。その一方で、人権に基づくアプローチに加えてこういった試算値を算出することも、自殺・うつを防ぐためのLGBT施策導入に向けて有効であることは確かです。日本における人口比率や自殺率を用いて推計したところ、LGBTの自殺・うつによる社会的損失は1,988~5,521億円(うち、差別などLGBT固有の社会的困難によるものは994~4,186億円)となりました。

    MORE
一覧をみる

メルマガ登録

LGBTに関する最新情報をお届け